ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーを選ぶ際には、どんなお水を利用するのかという点も重要なポイントとなります。ウォーターサーバーの水には大きく分けて天然水とRO水の2種類があります。

天然水は、年月をかけて自然によってろ過された水です。カルシウムや美容、健康に良いとされるバナジウムやシリカといった成分なども多く含まれており、美味しく飲むことができます。このような天然のミネラルが豊富にふくまれており、日本の名水と呼ばれる水が利用されていることが多くなっています。一方、RO水は純水に近い水です。水の中にミネラル成分などは殆ど含まれておらず、飲んだときはスッキリした味わいの水です。RO膜と呼ばれる逆浸透膜でろ過されて作られ、0.0001ミクロンのRO膜で濾されるためミネラル類なども濾され、純粋に近くなります。しかし、RO水の中にはミネラル成分を意図的に添加した飲みやすいお水もあります。ウォーターサーバーを選ぶ際には、このように水の種類を知っておくとより選びやすくなるでしょう。

水にこだわりたいという人がウォーターサーバーを選ぶポイントとして、天然水とRO水といった水でウォーターサーバーを選ぶということは重要となります。他に、これらの水が入っている容器で選ぶ人もいます。水の容器にはワンウェイ型とリターナブル型があり、それぞれのライフスタイルや設置場所によって選ぶと良いでしょう。